最近のキャッシング会社のサービスに、「無利息期間」というものがあります。新規の契約者だけに対するサービスですが、中には、毎月1回無利息期間を提供するノーローンや、溜まったポイントと交換することで無利息期間を与える業者もあります。

 

無利息期間とはその名の通り、利息のかからない期間のことであり、その期間中に返済すれば利息の必要がなく、元本だけの返済で済みます。

 

例えば、無利息期間が30日だった場合は、無利息期間中に必ず給料日があるので、今日10万円借りたとしても、給料日に10万円返済すれば1円の利息も取られないで済むことになります。

 

また、毎月無利息期間のある業者の場合は、給料日から無利息期間を逆算した日に借入すれば、毎月利息0円の借入を利用できることになります。

 

ちなみに、キャッシング会社の利息は日割り計算になっていることから、短期間で返済すると、銀行から自分のお金を下ろすより、借りた方が得、という現象が起きます。

 

仮に、休日に1万円の預金を引き出すとすると、通常210円の手数料を取られます。

 

しかしながら、キャッシング会社は手数料が掛かりません。また、1万円の借入に対する利息は1日10円程度のため、2週間後に返済すれば、140円程度の利息で済み、預金の引き出し手数料よりも安くなります。

 

借金は利息が掛かるから損、と頭ごなしに決めつけない方が良いこともあります。